コラム/越前海岸薬王寺


文字サイズの変更

 


 

コラム インデックス

前の画面に戻る


 


 

般若心経 私考 8

 

今回は次の文言、「無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩?依般若波羅蜜多」に取りかかります。 読み下しでは、 「苦集滅道も無く、智も無く、亦た得も無し、所得無きをもっての故に菩提薩?… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 7

 

前回までにお話してきましたことをかいつまんで振り返ってみますと、「私たちは普段さまざまな事象に振り回され、それらについて自ら考え、行動しているように感じていますが、(あながちそれ… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 6

 

今回は、前回よりの続きで、「是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意無色聲香味觸法」と言う文言に取りかかります。読み下しでは、 「是くの故に、『空』の中には色も無く、受想行識も無く、眼… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 5

 

現代は、200万年とも500万年とも言われる人類の歴史の中で、特に目まぐるしい変化の時代かと思われます。 特にここ百年ぐらいの間に起こった種々の進歩は、(?と言って良いのかどうか分… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 4

 

前回までのお話では、「五蘊(色、受、想、行、識)はみな空で、それは「無」ではなく、(言い切ってしまうならば・・・)物事のありのままの姿を正確に実感すると言うことに他ならず、それこそが… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 3

 

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五薀皆空度一切苦厄前回は五薀について考えてみましたが、今回は観自在菩薩がこの「五薀はみな空である」と明らかにされ、これが全ての苦しみを解放する鍵な… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 2

 

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五薀皆空度一切苦厄   さて、いよいよこの般若心経の本文に入っていくわけなのですが、まず最初にこのお経の説かれました場面を説明致します。時はお… ≪詳細≫

 

 


 

般若心経 私考 1

 

まず一番最初におとなえするこれは、このお経の題目(タイトル)にあたります。摩訶とは、お釈迦さまの時代の古いインドで使われていた言葉で、「マハー」偉大なるまたは大いなると言う意味… ≪詳細≫

 

 


前の画面に戻る


 


 
 

 

 




 

2018年11月

    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

 


≪詳細≫